LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKの疑問

手術においてのリスク

別項でも挙げましたが、LASIKは多くの実績を上げていながら失明になってしまった事例がありません。しかし、失明の事例がないから100%安全かというとそうではありません。正しくLASIKを理解するには、メリットとなるリスク面もしっかり理解しておくことが大事です。

LASIKはまだ歴史が浅い治療法です。なので、治療を受けた方の経過については記録も少なく不安に思う方も多いかもしれません。そのためには、しっかり医師と話をしてどのようなリスクとメリットがあるかを自分で判断して、後悔しないようにすることが必要となってきます。 ある病気や手術が原因で起こる別の病気のことを合併症と呼びます。LASIK手術において知っておくべき合併症には、ドライアイ、ハロ現象とグレア現象、不正乱視などがあります。

ドライアイは、手術時に角膜を切開することによって、角膜が乾燥しやすくなるために起こります。これは術後に処方される点眼薬を使ってケアをしますが、気になる場合は医師に相談してみてください。

ハロ現象とグレア現象については数ヶ月ほど経過すれば改善されます。症状としては、明るいものや光の周りにモヤのようなものが見えるハロ現象と、明るいものなどが眩しく見えてしまうグレア現象です。これは時間とともに収束していき、数か月後には症状が見られなくなります。

最後に不正乱視については、手術時のレーザーが均等に照射されなかったときにおこることがあります。いずれの場合も、気になることがありましたら、医師に相談するようにしましょう。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.