LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKと保険

医療費控除は?

そもそも医療費控除とは、年間で本人や家族が支払った医療費の合計が10万円をオーバーする場合、確定申告により税金の一部還付が受けられるという制度です。LASIKでの費用が10万円前後であることからして、一度手術を受けただけで対象となることもあるでしょう。

そのためには、手術を受けた際の領収証をきちんと保管しておきましょう。また交通費も控除の対象となることがありますので、こちらも領収証を取っておきましょう。医療機関は本人の意思で選ぶことが出来るため、地方の方は都会まで出てきて受診することもあるでしょう。

たとえば新幹線を使った場合には、一度の往復だけで数万円になることもあるかと思います。ひとまず、往復で使用した交通機関(新幹線やタクシー)の領収証も保管しておきましょう。交通費が控除の対象になるか否かは管轄の税務署によって違います。

さて、LASIKの医療費控除についてですが、「医療費控除」なので治療でなければ対象となりません。コンタクトやメガネの費用が多大になるためにLASIKを受ける人や仕事などで支障があるため受ける人は対象となります。しかし中には、単に視力を良くしたいからという芦有で受ける人もいるでしょう。その場合は歯列矯正が控除対象外となるのと同じく「美容目的」のLASIKとして扱われて控除対象外となってしまいます。

いろいろな可否のパターンがありましたが、最終的に判断するのは人間です。ですので、その人次第ということも言えますが、話が出来るので手術の目的をきちんと伝えることが肝心です。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.