LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKと保険

生命保険の医療給付は?

生命保険は会社に起因することが多いのでここで全社の比較を行なうことは出来ません。ここでは共通していることや傾向、注意点をまとめておきたいと思います。

まず最近の傾向としては、LASIK手術を受ける人が増えてきたために、支払い対象外とする保険会社が増えてきています。LASIKを受けるためだけに生命保険に加入する人が現れたりしたことも原因の一部ではあります。そのようなことをされていては、保険会社は破産してしまいます。

その対策として多くの保険会社が提示している条件としては、保険加入後2年以上が経過していることという条件を設けているところが多く、2007年4月を境目として、それまでに加入していた人は支給対象とし、以降の加入者は対象外とする保険会社も少なくありません。LASIKに関係なく、以前から生命保険などに加入している人がLASIKを受ける場合は支払われるのです。

医療給付の対象である場合は、他の怪我や手術と同じく保険会社に資料を提出する必要があります。保険会社に問い合わせて、診療所のフォーム(雛形)を取り寄せ、それを医療機関で記入してもらいます。保険会社に問い合わせる場合に手術の正式名称を伝えたい場合は「レーザー角膜屈折矯正手術」です。最近ではLASIKの知名度も高くなったためLASIKと言えば分ってもらえることが多いです。

生命保険の手術給付金を受給することを目的に、あえて片目ずつ手術をお願いする人がいますが、医療機関ではそのような理由での片目ずつの手術は受け入れてくれないところが多いので注意してください。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.