LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKとは

LASICについて

LASIKの正式名称はレーザー・インサイト・ケラトミレウシスと呼ばれ、英語表記の「Laser in Situ Keratomileusis」の頭文字から作られた言葉です。

LASIK手術では、特殊な機械を使って、角膜の表面を一ヶ所だけ残して剥がします。この残した一ヶ所が蝶番の役目をして完全に外れることを防ぎます。その内部にある角膜の実質層と呼ばれる部分にエキシマレーザーを、近視の矯正をするために必要な部分だけ照射することによって、角膜のカーブを変えます。

その後、剥がした角膜の表面を元に戻したら完了です。手術というからには数時間もかかるのではないかと思われますが、両目で10分前後です。また、入院なども必要なく、痛みもないために時間がないから出来ないということはありません。

小さいころに科学の授業で凸レンズを使った実験をしませんでしたか?目でものを見ることは、それを同じような仕組みで、角膜と水晶体を通った光は集光されて眼底の網膜の黄斑部というところに像を作り、人はものを見ているのです。近視の方は、この集光で上手にピントが合わないため、遠くの景色や文字がぼやけて見えるのです。

簡単に言うと、外から来た光の量を瞳孔で調整し、角膜と水晶体で屈折させ、網膜に像を作るのです。この屈折させる部分を調整することにより、像が鮮明に見えるのです。レンズには焦点距離というものがあり、そのカーブ度合いで焦点の位置が変わります。そのことにより上手く像のピントを合わせられなくなってしまっているのです。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.