LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKとは

LASIKが受けられない方

目も体と同じく子供の時には成長しています。その成長過程に当たる18歳未満の方は原則として施術が受けられません。18歳以上でも未成年の場合は保護者の承諾が必要となります。18歳未満であっても特殊な場合があり、自衛隊の生徒や競馬の騎手、競艇の選手など、視力を要する試験を受験する必要がある場合には、適合試験で問題がない場合には施術を認めることがあります。

ホルモンのバランスが不安定の場合には、角膜などの光の屈折が不安定になると言われており、視力などを正確に測ることが出来ないことがあります。妊娠中や授乳中の方は、ホルモンのバランスが不安定になるため、施術は行なうことはできません。また、RASIK手術では麻酔などを用いるために、胎児などへの影響も考えて施術はおすすめできません。

目に関係する条件では、緑内障や白内障の方、角膜の厚さが薄い方、乱視や近視が非常に強い方は、状況次第では施術を受けられない場合があります。また、目以外でも糖尿病や膠原病を患っている方も医師との相談のうえでの結論となりますが、施術を行なえない場合があります。

また、施術自体には問題ないのですが注意すべきなのは花粉症の方です。施術後に目をこすったり出来ないために、花粉症の症状が落ち着いているときに受診することが好ましいでしょう。

上記のいずれの条件もガイダンス的なものであり、上記に当てはまっていても施術を認められる方や、当てはまっていないのに受信できない方もいらっしゃいます。医師とよく相談して決めてください。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.