LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIKとは

LASIKの歴史

1990年のギリシャで開発されたLASIK手術は、アメリカでもエキシマレーザーの認可がFDAから下りた1995年以降に実績を伸ばしてきました。そして2000年を過ぎると年間100万人を超える人が施術を受けるほどになり、一般市民にも浸透していきました。この大きな普及により、近視人口の1割が施術を受けたことになり、施術を受けた人のほとんどが矯正の必要なく生活を送れるようになっています。

アメリカに続き日本でも、2000年に厚生労働省(当時の厚生省)がエキシマレーザーによる治療を認め、国内でもLASIK治療が広まっていきました。しかし、人間の体にメスを入れることは最終手段だという日本人の考えから普及は伸び悩み、認可された初年で2万人ほどの施術にとどまりました。

しかし日本でも施術による失明事例が発生していないなどの安全性が確認され、ポロスポーツ選手や有名人がLASIK手術によって裸眼による生活を取り戻したことが知れ渡り、知名度が上がってきました。

また、一般的になってきたことにより費用も手ごろになってくることも相まって、年々施術者が増加しました。年間の施術者は2004年で5万人、2005年で7万人と言われており、これからも増加の一途を辿ることでしょう。

宇宙飛行士は虫歯が一本でもあったらなれないというように、規則が厳しい業種です。しかし2007年にNASAが条件付きではありますが、宇宙飛行士に対するレーシック手術の実施を認可しました。このことからも世界的に実績が認められているということが分かります。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.