LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIK手術について

失敗しないために

手術をしてくれるのは医師の方ですが、失敗しないために自分でも知識を身に着けておくことが大事です。自分の体の一部である目を、他の人の委ねるのですから軽い気持ちではお願いできません。特に目の手術というだけで怖いイメージを抱く方も多いと思いますので、出来るだけ情報を手に入れておいて、自分の不安を取り除いておくことも必要でしょう。精神的な不安も手術には多少なりとも影響してしまいます。

デリケートな目の手術のため、誰でも手術を行なってもらえるものではありません。事前に行う適応検査において医師の了承が得られないと施術は行なわれないのです。また、自分と眼科医の信頼関係も重要となってきます。

適応検査や事前に話が出来る機会には、自分が納得いくまで分からないことや不安なことは聞いておきましょう。基本的に適応検査は無料で行なっている場合が多く、医師への信頼感が湧かない場合や何か納得いかない点がある場合には、他の病院へ行ってみるのも解決手段の一つでしょう。

医師に不信感を抱きながら、その人に手術されるというのは不安と恐怖以外の何物でもないと思います。

事前に医師と話すときに、どの程度までの視力回復を望んでいるかを伝えることが重要です。それによって手術方法が変わったりすることもあります。会話をしているうちに、その眼科医に任せても大丈夫と感じたら、そこの病院での手術をお願いしましょう。一生付き合っていく自分の目ですので、納得のいった方法で改善させるべきです。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.