LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIK手術について

手術前日の注意

LASIK手術の前日には、もう一度視力などの検査を行ないます。おおまかな方針は決まっていますが、この日のチェックでレーザーの照射量などの最終決定をするのです。

その際に、どのぐらいの視力にすることを望んでいるかを伝えるのですが、視力をあまり上げすぎると老眼が早まる恐れがあると言われています。老眼は遠視なので、近視とは正反対であるためです。

そして、LASIK実施後に効果が少なかった場合の追加手術は可能ですが、良くなりすぎたものを戻すような手術は困難なので、一般的には生活に支障がでないぐらいの視力1.0を希望する人が多いようです。再度手術を行なう際の費用は病院により異なりますので、事前に確認しておきましょう。 検査以外で、翌日の施術に向けての注意事項もいくつかあります。

コンタクトを使用している方はハードで1週間前、ソフトで3日前から使用しないようにして角膜を出来るだけ自然な状態で保ちます。また、施術当日はお風呂に入ることを禁止されますので、前日には入浴しておきましょう。そして、お酒やタバコ、カフェイン類の摂取を避け、十分な睡眠を取って翌日の手術に臨みましょう。

LASIKは安全な手術と言われていますが、別項に挙げているように感染症の可能性はあります。その可能性を少しでも軽減するために、体調は万全にしていきましょう。また、体調が悪い場合には、手術後の角膜の回復に時間がかかることもあります。規則正しい生活をして手術当日を迎えましょう。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.