LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIK手術について

手術の流れ

角膜の表面にレーザーで切り目を入れるので、通常の手術と同じく麻酔が必要となります。目の手術などを受けたことがある人はご存知かもしれませんが、目の麻酔は点眼薬です。これを入れた後はベッドで横になって麻酔がきくのを待ちます。

手術時にまつ毛が邪魔になってしまうのを防ぐためにテープで固定し、手術中に目を閉じてしまわないように開眼器と呼ばれる器具を装着します。これで準備は完了です。

まずは角膜の表面を削り、フラップと呼ばれる蓋のような状態にします。麻酔をしていますので痛みはありません。手術中は頭を固定されていますが、何か医師に伝えるときには顔や目を動かさないように注意しましょう。そして、口頭で伝えるようにします。手術中にすることは、医師の指示通りに光を見続けることぐらいです。

次がメインとなる工程でレーザー照射です。機械の動作音が30秒ほど断続的に「チッ」という感じで聞こえてきます。出来るだけ目を動かさないように気を付けましょう。少し動いたぐらいでは機械のほうで位置を修正してくれますが、その分時間がかかってしまいます。これまでで片目の手術が終わりとなり、同じことを反対側の目にも行います。片目で約3分、両目でも6分ほどで終わります。

手術中は出来るだけリラックスして、医師の指示に従いましょう。そのためにも、事前に意見交換を密に行い、信頼関係を深めておくことが大事です。麻酔の効果で、全行程において痛みを感じることはありません。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.