LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

LASIK手術について

手術までの流れ

手術の前には目視で確認しただけでは分からないことが多くありますので、手術前の検査は項目が多くなっています。

まずは視力検査です。近視や乱視のレベルを確認するとともに、角膜のカーブがどのぐらいかを測定します。眼圧検査では緑内障の可能性があるかを判断します。次に角膜の形状を検査します。屈折力や形状、厚みを測定しますが、これらは手術実施可否の大きな判断材料となってきます。手術に直接影響する角膜内皮・角膜細胞の様子を確認します。 LASIK手術の際にレーザーを使用しますが、その照射に関する検査として黒目球面の形を確認します。このときに確認された形をもとにレーザーが当てられます。

視力は通常の視力検査で測るように、ある一定の距離にある文字を識別する力以外にも様々なものを総合して視力と呼びます。そのうちでコントラスト視力と呼ばれるものも測定します。これは、濃さの異なるものの見え方や、明暗の感度など明るさに関する視力を確認します。その他には瞳孔が開いた状態での網膜に穴が開いていたり、薄い部分がないかを確認します。

これらの検査でおよそ1時間かかります。その後、医師による問診が行なわれます。 検査結果を受けて手術を受けることが可能か、受けられるのであればどのような手術が適切か、どれほどの視力回復が見込めるかなど手術に向けた具体的な内容の説明と確認が行われます。

適性検査のみの受診という方もいますので、この段階で手術が可能であっても受けるかはすぐに判断する必要はありません。問診は人にもよりますが、1~2時間ぐらいです。このときに気になっていることや不安なことは聞いておくようにしましょう。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.