LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

手術後にしたいこと

スポーツ

スポーツに与える影響からLASIKを受けられる方も多いと思います。体を激しく動かしたりするために、メガネでは邪魔になったり、思ったプレーを行なうことが出来なかったりします。コンタクトでも少なからず影響はあります。そのような方が視力改善した場合に、真っ先に裸眼でスポーツを満喫したいと考えるのが普通でしょう。しかし、仮にも手術をした後ですので、運動の再開は慎重に行う必要があります。

ダイエットのためにジョギングをしている方や、それほど激しくもなくボールが目にぶつかる可能性も低いゴルフは1週間ほどすれば行なうことが出来ます。しかし、汗が目に入るようなことは1ヵ月ほど経過しないと危険ですので注意してください。

野球やテニスなどの球技は、ボールやそのほかのものが目に当たってしまうような可能性が考えられるため1ヶ月ほど様子を見てから行なうようにしましょう。期間が経過していても、目に何かがぶつかるようなことは避けるようにしましょう。また、陸上競技も風による負担や衝撃が大きいため1ヶ月ほど様子を見たのち再開するのが好ましいでしょう。

ボクシングなどの格闘技は、目に打撃を受ける可能性があるため、1ヶ月ほど期間を置いて再開し、しばらくは目をぶつけないようにしましょう。格闘技などを行なっている方は、LASIKよりもエピレーシックやラセックなどのほうが視力回復の方法としては好ましいと思われます。

上記に挙げた期間は目安であるため個人差があります。実際には医師と相談して決めるようにしましょう。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.