LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

眼のしくみ

遠視

角膜などを通して入ってきた光が、屈折異常によって正しい位置ではなく眼球外で焦点を結んでしまうことにより、見るものの焦点が合いにくくものが見えにくくなってしまうことです。

よく遠くのものが見えやすいのが遠視、近くのものが見えやすいのが近視と思われがちですが、眼球内で屈折した光が結ぶ焦点が角膜側から見て網膜より近いものを近視、網膜よりも通りことを遠視と呼びます。原因としては近視とは逆で眼球が小さい(角膜から網膜までの距離が短い)場合に起こる軸性遠視と、水晶体の屈折率が悪いことによる屈折性遠視があります。つまり、遠視と、近くが見えにくく遠くが見えやすくなると言われる老眼はまったく別物なのです。

遠視の症状が強くなると、近くや遠くを見る場合に無意識のうちに高頻度のピント調節が必要となってくるため、眼精疲労や視力障害を起こす可能性が高くなってしまいます。

一般的にはメガネやコンタクトを使用した対処法が多いと思います。LASIKは近視の治療で有名となりましたが、角膜の屈折を補正する手術であるために、遠視の場合にもLASIKは有効です。もちろん、目の状態やその他の条件で施術できない場合もありますが、近視と変わらないですのでLASIKを検討してみてはいかがでしょうか。

遠視のまま生活を続けていると、目への疲労も蓄積しやすくなります。また、メガネやコンタクトも煩わしい場面が多いと思いますので、遠視でLASIKを諦めていた方は、遠視もLASIKが可能ということで頭に入れて置いてください。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.