LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

眼のしくみ

乱視

通常、目で見たものは焦点が1点で結ばれるためにはっきりと見えます。しかし乱視の場合は、角膜や水晶体での屈折が均一になっておらず、焦点が定まらない状態になりものがぼやけて見えたり、複数に見えてしまったりするのです。

乱視の方のほとんどは正乱視というものに該当します。通常1点で結ばれるはずの焦点が、なんらかの原因により2点で結ばれてしまっている症状です。つまり、1つしかないものを見ているのに、目の中で光が二分化してしまって、2つに見えてしまう状況です。

もう一つが不正乱視と呼ばれるもので、角膜の異常などによって焦点が結ばれないような症状を指します。ものが多重に見えたり、何を見てもぼやけてしまうなど、日常生活にも支障があるような症状です。

乱視は症状が軽度であればメガネでも対応できますが、強度である場合にはメガネでは矯正しきれない場合があります。その場合には、ハードコンタクトレンズや乱視用コンタクトレンズを使用することになりますが、コンタクトが嫌いな人もいれば、コンタクトにすると趣味が楽しめないなどの弊害も生じます。

LASIKは近視の治療として有名になりましたが、角膜の屈折を矯正して視力を回復する治療であるため、乱視にも有効です。以前は乱視の複雑な屈折の乱れには対応できませんでしたが、技術の進歩に伴い複雑な乱視であっても角膜の屈折を補正し、視力回復することが出来るようになってきたのです。諦めていた方は、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.