LASIK GUIDE NAVI レーシックガイドナビ

眼のしくみ

老眼

老眼は一般的に近くのものが見えにくくなって遠くのほうが見えやすくなると認識されている場合が多いですが、正しくは、年齢とともに目が衰えてきてピントを合わせる能力が低下することによっておきます。ピントを合わせるために、水晶体の厚みを変えているのですが、それを筋肉が行なっています。年齢を重ねるごとに筋肉が落ちていくように、目の筋肉も同じなのです。つまり、ピントが合う範囲が狭くなる症状となってきます。

老眼は個人差もあるかと思いますが、初老と呼ばれる40歳代あたりから始まることが多いです。普段何気なく読んでいる本や、お店でメニューを見るときなど、少し離したほうが読みやすくなったら危険信号です。

目の筋力の衰えが原因となってくるため、出来るだけ目に負担をかけないようにしましょう。暗いところで読むのは控え、明るいところでも休憩を挟みながら読むようにして、進行を抑えましょう。

さて、LASIKは角膜のピント調整を補正することで視力を回復していました。近視や遠視、乱視にも対応できると書きましたが、老眼はどうなのでしょうか?

残念ながら、角膜によるピントがずれているわけではなく、ピントを合わせるための筋力低下によることですので、LASIKでは対処できません。また、年齢とともに起こる症状であるため、完治するものではありません。しかし、老眼鏡を使わずに生活を行なえるような対処法にはモノビジョンレーシックなどがありますので、そちらを検討してみてください。

Copyright (C) LASIK GUIDE NAVI All Rights Reserved.